ゴールデンウィークは、家と脳を磨きます!

皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。 

待ちに待ったゴールデンウィークがやってまいりました。
 皆様は、この黄金週間をどのようにお過ごしでしょうか?

 私には、前々から予定していた2つのテーマがありますので、ちょっ
とだけご紹介させていただきます。



左脳と右脳の両方を使うと、こんなに楽しい!

皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。 

4月22日(日)に、「ビジネスサクセスのための全脳活性ノート術
マインドマップ1day完全マスターコース
」を開催いたしました。

 ご参加された皆様の様子をときどき拝見すると・・・。

 カラフルなペンを使って、大きな紙一杯に絵を描いて・・・。
みなさん、実に楽しそうな表情をなさっています。

 日頃、ノートを取るといえば、罫線の入った用紙に、黒一色で小さな
文字を律儀に書くことがほとんどでしょう。
 しかし、「マインドマップ」では、色とりどりのサインペンを使い、
絵をふんだんに使うのですが、ここに意味があるのです。

 「絵を描くなんて、何十年ぶりだろう・・・」との独り言も、もれ聞
いてしまいました。

脳ミソ全開ツールを手に入れる!

皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。 

昨夜見ていたテレビ番組で、脳外科の専門医が、「脳」という観点か
ら、こういう話をしていました。

「人の脳には左脳と右脳があり、それぞれの役割を果たしている。
 しかし、日本の学校教育では、計算や暗記など、左脳ばかり使わせて
 いて、偏差値・学力や人間の価値を左脳の力で決めようとしているの
 は、大きな間違いだ。
 本来の人間は、右脳を活用すると、底知れない能力を秘めている。
 左脳ばかりではなく、右脳の力を使った能力を総合的に評価できるよ
 うな教育・社会に変えていくべきだ。」と。

 まったく同感です。

脳ミソをアップグレードする特効薬はコレ!

皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。 

子供の頃から密かに続いているライフワークが、「頭を良くする」

 母親から「玉ネギ食べなさい、頭が良くなるんだから」と言われれば、
玉ネギを食べる。睡眠の本に「惰眠をむさぼると頭の老化が早まる」と
書かれているのを見つけると、睡眠をコントロールする・・・。

 無理でない限り、「頭が良くなる」ための努力はかなりしてきたもの
です。
 (え?その程度で?と言われそうで怖いのですが・・・)

 なぜかというと・・・。

思考と意思決定の積み重ねが人生を形成する

皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

 「あなたの食べたものを言ってみなさい。あなたがどんな人か当てて
みよう」

 これは、美食で有名な、あるフランス人哲学者の言葉です。

 確かに、人の肉体は、その人が食べた各種の食品が材料となって出来
上がっているわけです。豚カツなど油モノばかり食べている人と、野菜
中心のヘルシーな食生活をする人とでは、当然、肉体には大きな差が出
てくるはずですね。

 そして、「人間は、考える葦である」
 こちらこそ、あまりにも有名なお言葉。

 何を考えるか? 思考そのものが、その人の人格や能力、そして人生
を決定付けるとも言えましょう。

 そう、人生は、一瞬一瞬に行う意思決定の積み重ねで形成されている
のです。その意思決定を左右するものが、日頃からもっているその人の
「考え方」「思考の癖」

 日本人は一般的に、欧米人と比べると、論理的に突き詰めて考える、
体系的・具体的・明確に考える、という能力が弱いと言われます。

 どうしてでしょうか?


右脳と左脳の連携が、頭の良さを決める?

 皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

例えば、2人の人がいたとします。

 1人は、仕事は非常にテキパキとこなせるけれど、他人の気持ちはお
ろか、自分自身の感情すらわからない人。
 もう1人は、仕事や計算は今ひとつでも、芸術的な発想ができる人。

天才と秀才の違いをもたらすポイントは?

 皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

世の中には、いますよね〜?
 「天才!」としか言いようのない、素晴らしいパフォーマンスを発揮
してくれる人
が。

 あるいは、あなたの周りに、こんな人はいませんか? 
 傍から見ていると、たいした努力も勉強もしないくせに、なぜか望み
や願いがサクサクと実現していく、ラッキーな人が。
 こういうタイプも、ある意味での「天才」です。

ノートの取り方で、学習力・成長力がわかる

 皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

研修やコンサルティングの場面で、毎日、多くの方々と接しておりますと、相手の方々の各種の能力が「見えて」まいります。

 たとえば・・・
  ・仕事力(自ら考え工夫して、アウトプットを生み出す能力)
  ・学習力(新しい概念や知識を理解し、身に付けていく能力)
  ・成長力(自分自身の頭や心を鍛えて、自分を成長させる能力)
  ・思考力(物事を深く、広く、多面的に、明確に考える能力)

 どうやって、その能力を「見る」のか?

 その一つが、ノートの取り方です。

読書習慣は、自己成長の必須条件

 皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

様々な企業に、経営幹部養成などの研修をしに伺っています。
すると、研修を始めて早ければ10分で、その「企業としてのビジネスIQ」や「各社員のビジネスIQ」が手に取るように見えてきます。

 例えば、「ナレッジ・マネジメント」という目には見えない事項に関して、それを取り扱うマネジメント手法についてご紹介する場合。
続きを読む >>

<< | 2/2PAGES |

プロフィール

門田 由貴子
◆本サイト管理人◆
門田由貴子(かどたゆきこ)
組織変革コンサルタント、
キャリアカウンセラー。
社会人向けセミナー主宰。
仕事の傍ら大学院(慶應SDM)で勉強中。
プロフィール

new entries

categories

株式会社エトス

あなたの天賦の才能・資質・魅力を開花させて、素晴らしい幸福と豊かさが受け取れるキャリアと人生、ビジネスの実現をサポートいたします。
エトス公式ホームページ
個別面談
講演・セミナー
書籍・教材
おすすめツール

Facebook & Twitter

facebook
twitter

門田由貴子著書

links

recommend

recommend

recommend

archives

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM