この季節になると、無性に気になるものが・・・

皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

 今年2007年も早10ヶ月が経過し、残り2ヶ月となりました。

 ここ最近のお正月休みには、毎年、「こんな年にしたいなぁ」という願望を、「マインドマップ」の形式でカラフルに表現しています。

 昨日、これを見返したところ、なんと! 多くの「夢」がすでに実現済みであったり、ほとんど「現実」に近づいてきていることに驚かされました。

 やはり、「願えば叶う、望めば実現する」ものですね。
 そして、願望を、具体的なイメージや言葉にして、
しっかり味わって潜在意識に落とし込むことの大事さ
を実感します。
そうは言っても、ただ願うばかりで、何の努力も行動もしなければ、
当然、夢も目標も近づいては来ないでしょう。

 そこで、自分自身の行動と時間を管理するツールとして
「手帳」も同じく大事なものだと思います。

 毎日、何度も見ている手帳ですが、毎年この季節になると、
無性に浮気したくなり、仕方ありません。

 私はここ数年間は、「フランクリン手帳」というシステム手帳を使っています。なるほど!と唸るほど、よく考えられて設計されているツールなのですが、いろいろな情報を挟み込むため、持ち運びにはちょっと重たいのが難点。

 この季節に、書店や文房具店で、一斉に来年の手帳が並び始めると、ついつい、「もっといい手帳はないかなぁ〜」と、探してしまいます。

 皆さんは、手帳はどうされていらっしゃいますか?

 ちなみに、友人たちに、「手帳はどうしているの?」とヒアリング調査してみたところ、以下のようなタイプに分かれました。

・「コレ」と決めたものを一生涯、使い続ける「貞淑派」
・勤務先から支給されるものを使い続ける「忠犬ハチ公型」
・毎年のように新しいものを試してみる「ハンター族」
・数年に一度ずつ、思い切って変えてみる「3年目の浮気族」
・自分好みのリフィルを自分で作る「DIY派」
・仕事用とプライベート用を使い分ける「ジキルとハイド派」
・こだわりも執着もなく、もらいものを使う「ノンポリ派」
・とにかく見かけよ!とブランド物を愛用する「見栄張り族」
・そんなものは持たない、と豪語する「自称・時間自由人」

などなど。


 先ほど、amazonで「手帳」を検索してみたら、実に多種多様な本や手帳が売り出されていて、驚きました。
 
 私が気になるオモシロそうなものは・・・

「無理なく続けられる年収10倍アップ手帳」
詳しくはコチラから >>

「夢を叶える人の魔法の手帳」
詳しくはコチラから >> 

「能率手帳の流儀」
詳しくはコチラから >> 

「手帳進化論 〜あなただけの最強の一冊の選び方・作り方」
詳しくはコチラから >>
 

 あなたの、来年の手帳は、どうされますか?

                  
              にわか手帳研究家  門田 由貴子

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

プロフィール

門田 由貴子
◆本サイト管理人◆
門田由貴子(かどたゆきこ)
組織変革コンサルタント、
キャリアカウンセラー。
社会人向けセミナー主宰。
仕事の傍ら大学院(慶應SDM)で勉強中。
プロフィール

new entries

categories

株式会社エトス

あなたの天賦の才能・資質・魅力を開花させて、素晴らしい幸福と豊かさが受け取れるキャリアと人生、ビジネスの実現をサポートいたします。
エトス公式ホームページ
個別面談
講演・セミナー
書籍・教材
おすすめツール

Facebook & Twitter

facebook
twitter

門田由貴子著書

links

recommend

recommend

recommend

archives

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM