職場や会社の問題。原因はどこに?

こんにちは。キャサリン門田です。
今回は、経営コンサルタントとして手掛けることの多い、職場や組織に関するお話をしていきましょう。

 

あなたの職場は、快適ですか?
仕事をする上で何の不満もなく、サクサクと仕事できますか?
あなたの努力は、まっとうに評価され、報われていますか?
チーム内、社内のコミュニケーションは、スムーズですか?
あなたの会社は、10年先も輝いていると思われますか?

 

もしも、一つでもNO!と感じるものがあれば、それは既に「問題のある職場」「問題のある会社」です。

 

その原因のほとんどが、どこにあるかというと…?

 

 

*************************
【いま受付中のサービス一覧】
■12月20日(木)13:00〜17:00
 組織マネジメント研究会
■12月29日(土)10:00〜18:00
「長期展望に基づいて運とツキを手に入れる!
 実りある人生を創りだす ライフ・プランニング講座」
 http://www.ethos-net.com/lifeplan/
■通信講座「デキる人のリーダーシップ・スキル」
 http://www.ethos-net.com/e-leadership/
■高濃度サプリメント「PHI=3」
 http://www.ethos-net.com/coenzymq10/
■すべてのお申込み手続きは→
 https://www.ethos-net.com/application/index.php
*************************

 

 

上記の質問で、一つでもNOがあるなら、それは、「組織マネジメントが機能していない」という症状であり、原因は経営者と管理職の「力量不足」なんです。

 

基本的に、経営者は誰よりも会社全体のことを考え、将来的に会社を存続させるためにがんばっています。

 

でも、力量が不足した経営者は、とりあえずの資金繰りをするのに精一杯で、職場や従業員のことにまで配慮は回りません。

 

経営者の代わりに、職場と従業員に関すること一切を請け負うのが、職場に配置されている管理職/マネージャー。

 

とはいえ、世の中のほとんどの管理職/マネージャーは、「マネジメント」というものをまともに勉強したことがありません。

 

管理職に昇格して、朝礼で「課長になりました、よろしく」と挨拶しただけで、まともに管理職らしい仕事ができるワケがないですよね?

 

当然、管理職になる前から、マネジメントに関して、しっかり勉強し、様々なスキルや対応力をみにつけておくべきです。

 

ところが、大手企業ですら、管理職研修は1〜2日程度、というのが現実です。

 

その研修の内容といえば、ほぼ精神論ばかりで何の役にも立たない社長や役員の講話。
(ハッキリ言って時間のムダ)。
そして、いくつかの事務処理の方法を習って終わりです。

 

こんな内容しか勉強していない人が、組織の運営から業務プロジェクトの管理まで、完璧にこなせるワケがない。

 

これが、日本の大企業、一流企業の実態なんです。

 

さらに、中小企業になると、もっと状況はヒドい。

 

そもそも、中小企業にはまともな人事制度がありません。
管理職への昇格基準もあいまい。

 

管理職になった理由の多くは、「入社20年だから」「年齢が40歳になったから」というもの。
実力とか、リーダーシップ能力とか、人望なんて、全く考慮されていないのです。

 

当然、管理職研修なんてものはない。

 

大企業であっても、中小企業であっても、これが「管理職」という人たちの実態なんです。

 

プロジェクト管理の手法を知らないのだから、業務が計画通り進まない、目標を達成できないのは、当然。

 

部下の育成方法を知らないのだから、うまく部下を指導できないのも当たり前。

 

管理職/マネージャー自身が、自分の担当作業でめいっぱい忙しいのだから、職場全体のめんどうなんて見られない。

 

これが、日本のほとんどの企業の「組織マネジメント」の実態なんですね。

 

反対に、日本企業の中でも、コツコツと管理職の育成を含めて「組織マネジメントの高度化」にとりくんでいる企業は、たとえ景気が悪くても、業績は絶好調ですよ。
従業員満足度は高くて、優秀な人が集まってきます。
それが、マネジメントの効果なんですから。

 

ちなみに、欧米のまともな企業では、「マネジメント能力のある人を採用する」のが基本です。
欧米の大企業では、一般社員から管理職に「なる」、すなわち内部昇格は、ほぼゼロです。

 

他社でマネジメント経験と実績がある人や、MBAを取得した人を、初めからマネージャーとして採用するのが基本。
それゆえ、「マネジメントのできないマネージャー」はいない。
(無能なマネージャーは、すぐにクビですから)

 

しかし、日本企業の非常に多くの企業の問題を見に行くと、「管理職がマネジメントをしていない」ことが、ほとんどの問題の原因なのです。

 

さらに、マネージャー本人が「自分にはマネジメント力が足りない」という自覚がない。
だから、自然に問題が解決できる見込みはゼロパーセントです。

 

こういう事情を考えると、日本の企業の多くでは、マネジメント不在から、組織の内部崩壊を起こし、従業員の不満が爆発して、会社としてなりたたなくなる。
という状況が、明らかなんですね。

 

では、あなたの会社では、「組織マネジメントの高度化」のために、具体的な対策をとって活動をしていますか?

 

ここまでお読みいただいて、「うちの会社、ヤバいぞ!」と思った方はありませんか?

 

 

実はですね。
あまりにも「マネジメントの機能していない会社」が多いので、その問題を解決すべく、新しいプロジェクトを始めることにいたしました。

 

それが、【組織マネジメント研究会】の発足です。
来年(2019年)4月から、正式に活動スタートする予定です。

 

詳しい内容や運営方法などは、これから具体化していきますが、12月、1月、2月、3月の月1回で、モニター版の会を開催していきます。

 

初回は、12月20日(木)13〜17時@銀座。
ご参加いただける方は、経営者・幹部・管理職に限定。

あなたの会社の問題を、みんなで考えていきましょう。
私からも毎回、お役に立つ内容を講義する予定です。

 

ご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。

 

■12月20日(木)13:00〜17:00@銀座
 組織マネジメント研究会<モニター版>

 

 対象者:経営者・幹部・管理職に限定。
 参加費:10,800円
 お申込は、以下からお手続きください。
 https://www.ethos-net.com/application/index.php

 

 

★本日のポイント★
・会社・職場の問題の90%は、マネジメントが機能していないことから起こっている。
・その原因は、経営者と管理職の力量不足。
・日本企業の管理職の多くは不勉強で、必要な知識もスキルも身についていない。だから、多くの問題を解決できない。

 

⇒そこで、「組織マネジメント研究会」を発足します。
経営者・幹部・管理職の方で、よりよい状況に変えていきたいとお考えの方は、ぜひぜひご参加くださいませ。

 

■12月20日(木)13:00〜17:00@銀座
 組織マネジメント研究会<モニター版>
 https://www.ethos-net.com/application/index.php

 

 有志が集まって、真剣に話し合い、助け合うことで、
 一緒に素晴らしい状況を作り出しませんか?
 あなたのご参加をお待ちしています。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

プロフィール

門田 由貴子
◆本サイト管理人◆
門田由貴子(かどたゆきこ)
組織変革コンサルタント、
キャリアカウンセラー。
社会人向けセミナー主宰。
仕事の傍ら大学院(慶應SDM)で勉強中。
プロフィール

new entries

categories

株式会社エトス

あなたの天賦の才能・資質・魅力を開花させて、素晴らしい幸福と豊かさが受け取れるキャリアと人生、ビジネスの実現をサポートいたします。
エトス公式ホームページ
個別面談
講演・セミナー
書籍・教材
おすすめツール

Facebook & Twitter

facebook
twitter

門田由貴子著書

links

recommend

recommend

recommend

archives

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM