次元上昇リーダーシップ 7つの秘宝【完全無料メール講座】第2講★仕事をステージアップする3つの扉

====================
次元上昇リーダーシップ 7つの秘宝
【完全無料メール講座】

第2講★仕事をステージアップする3つの扉
====================

 

こんにちは。
次元上昇プロデューサー キャサリン門田です。

 

今回からいよいよ本論にはいっていきます。

 

今日のテーマは、極めて大事!

 

あなたの仕事をステージアップさせるのに、絶対に必要となる3ステップだからです。

 

では、始めますよ。

 


今までの日本企業での働き方のルールは、次の2つでした。
「偉い人には服従せよ」
「個性を殺して、社畜になれ」。

 

会社の人事部門や、人事権をもった上司。
もしも彼らに逆らうと、どんな制裁を受けるか分からないので、怖い。

 

だから従業員は、会社の方針や上司の好みに合うように、「適応」し「服従する」ことが求められてきました。

 

そして、イヤなことにもNOと言わず、上司から気に入られるように、長時間労働して「がんばって」きたわけです。

 

さらに、余計な意見を言ったり、目立ったりすると、「ナマイキだ!」と怒られてしまうので、自分自身の個性を押し殺してきました。

 

 

こういう個性が埋没した自己犠牲のスタイルで働く人のことを、「社畜」と呼ぶわけです。

 

典型的なイメージは、映画『Star Wars』のダースベイダーの下で働く、白い兵隊「ストームトルーパー」ですね。

 

みんな同じユニフォームを着ているので、誰が誰だかまったく区別がつきません。
まさに、あれが個性のない「社畜」の象徴。

 

 

その結果、日本企業の職場はどうなったでしょうか?

 

現在あらゆる企業内には、パワハラ、セクハラ、モラハラがはびこり、精神を病んだ従業員が次々に離脱していっています。

 

従業員はストレスを抱えつつ、必死に頑張っているのに、なんと!

 

日本の生産性は、先進国の中で最下位。
過去20年間、日本だけが給与水準を下げています。

 

もう、従順・適応・自己犠牲を強いるやり方は、とっくの昔に通用しなくなってきている、という意味ですね。

 

 

 

それに対して、これから新しい時代のルールは、今までとは真逆の方向に進みます。

 

すなわち、個性を発揮し、才能や魅力を活かした仕事をどんどん生みだし、周りを動かして成果を出せる人が、「うまく行く」時代になります。

 

つまり、【個の時代】の到来です。

 

 

ここで、3つの扉が出てきます。

 

あなたが進む道の先に、固く閉ざされた扉があるとイメージしてみてください。

 


第一の扉のテーマは、主体的に自分から動く力。

 

つまり、【セルフ・リーダーシップ】を発揮して初めて扉が開かれます。

 

 

では、ここで大事な質問です。

 

あなたの個性は明確ですか?
あなたの才能や魅力は、際立つものになっていますか?

 

これから【個の時代】を進むにあたって、これは極めて重要なテーマです。

 

今後、あらゆる場面で、「個性や才能が際立っている人」の方が、有利な時代になるからです。

 

ですから、まずはあなたの個性を明らかにして、個人としての軸を整え、未来に向けた意思を明確にして、個人の旗を掲げることに取り組みましょう。

 

それができた人だけ、扉の向こう側に進めます。

 

 

自分から主体的に動けるようになると、「もっと有意義な仕事をしたい!」と欲が出てきます。

 

それなら、いつまでも一人で孤独に働いているわけにいきません。

 

苦手なことは、誰かに助けてもらいたい。
周囲の人たちに協力を求め、支援してもらい、多くの人と力を合わせることが必要になってきます。

 

この時、人間関係作りやコミュニケーションが苦手なままでは、周囲の人はあなたの期待通りに動いてくれません。

 

中には、イジワルな人や、ガンコな人もいますからね。
しっかりと説明し、交渉し、説得すべき場面も出てくるでしょう。

 


そこで必要になるのが、【人を動かすリーダーシップ】です。

 

これが発揮されると、第二の扉が開いて、その先の輝かしい道に進めます。

 

 

やがて、あなたの前には、三つ目の扉が立ちふさがります。

 

たとえ、あなたがコミュニケーション名人だったとしても、それだけで会社や組織など大きな存在を動かすには力不足です。

 

そこでは、【組織を動かすリーダーシップ】が発揮されると、第三の扉が開きます。

 


すると……!

 

あなたは、自分のやりたいことを、会社が用意してくれたステージの上で、何でも好きなだけできるようになるでしょう。

 

必要なお金も人手も、すべて会社が提供してくれるからです。

 

そのステージで輝いている主役は、もちろん、「あなた」。

 

スポットライトを浴びて、あなたは、心の奥底からの願いを表現しています。

情熱があふれ出し、働くたびにヤリガイや達成感が感じられるでしょう。

 

あなたの目の前には、あなたを、憧れと称賛の目で見守るファンの人たち…。

 

これが、あなたの仕事がステージアップ(次元上昇)した状態です。

 

いかがですか?
あなたも、ステージで輝く人になりませんか?

 

3つの扉を順に開けていき、仕事をステージアップさせませんか?

 


そのための方法論が、私が提唱している【次元上昇リーダーシップ】です。

 

 

 

さて、ここまでのポイントをまとめると……。

 

1.これから、社会や仕事のルールが大きく変わり、【個の時代】となる。

 

2.これからの時代で活躍できるのは、3つの扉を開けられる人。

 

3.3つの扉を開ける方法論が、
【セルフ・リーダーシップ】
【人を動かすリーダーシップ】
【組織を動かすリーダーシップ】。

 

 

ちなみに、この3つの方法論は、実は、少しも難しくはないんです。

 

ちょっとしたコツを理解して、ほんの少しだけ練習すれば、誰にでも使えるようになるのですから。

 

 

私自身も、このコツを知って次元上昇しました。
それは、私がまだ20代のダメ社員だった頃のこと……。

 

長期病欠から復職した後、3つの扉を開いて、自分で企画したプロジェクトで功績賞と社長賞を勝ち取りました。
この成果で、最短年数で管理職へ昇格し…。

 

 

私だけではありません。

 

多くの企業で、管理職やリーダー層の人たちに、この3つの方法論を指導してきました。

 

皆さん口々に言うのは、「想像したより、ずっと簡単だった!」。

 

こうやって私は、30,000人以上のリーダーを育ててきました。

 

 

さぁ、次は、あなたの番です!

 

あなたも、この3つの扉を開けるリーダーシップを使って、ステージアップ(次元上昇)しませんか?

 


こちらの次元に来れば、仕事はつらいものではなく、最高にワクワクするゲームに変わります。

 

やればやるほど、力が湧いてきて、元気になります。

好きなことをしているだけで、周りから高く評価され、お金が入ってきます。

 

決して、もう、自己犠牲して「がんばる」必要はないのです。

 


なお、私はむやみに独立起業をすすめたりいたしません。
会社員のままでも、充分に次元上昇できるのですから。

 


さぁ、あなたも早くこの次元に上がってきてください!
そのためのサポートは惜しみませんよ。

 


なお、3つの扉を開ける方法論について、
こちらのミニセミナーで詳しくご説明しています。
http://kadota-y.hatenablog.com/entry/20180827/1535364421
ご興味のある方は、ぜひ聞きにきてください。

 


さて、メールプログラムの第3講では、【人を動かすリーダーシップ】の中から、「誰とでもうまく対応できるたった一つの極意」をお届けします。

 


対人恐怖症で人間関係やコミュニケーションが苦手だった私が、「コレ」を知っただけで仕事上のほとんどの人と、なんとかやっていくことができるようになった極意です。

 

「コミュニケーションが上手くなりたい」そう思う人には、必ずお役に立ちますよ。

 

どうぞお楽しみに。

 

 

あなたの仕事をステージアップさせる!

 

次元上昇プロデューサー キャサリン門田でした。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

プロフィール

門田 由貴子
◆本サイト管理人◆
門田由貴子(かどたゆきこ)
組織変革コンサルタント、
キャリアカウンセラー。
社会人向けセミナー主宰。
仕事の傍ら大学院(慶應SDM)で勉強中。
プロフィール

new entries

categories

株式会社エトス

あなたの天賦の才能・資質・魅力を開花させて、素晴らしい幸福と豊かさが受け取れるキャリアと人生、ビジネスの実現をサポートいたします。
エトス公式ホームページ
個別面談
講演・セミナー
書籍・教材
おすすめツール

Facebook & Twitter

facebook
twitter

門田由貴子著書

links

recommend

recommend

recommend

archives

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM