世代間のコミュニケーションでお困りなら…

 こんにちは、門田由貴子です。

 

 以前からクライアント企業で20代若手社員の意見を聞くことがあり
ますが、業種・規模を超えて共通に聞くお悩みが、こちらです。

 

「幹部や部門長の話を聞いても、いったい何をしていいのか分からず
 困ることが多い」。

 

 もっと平たく言えば、20代社員たちからすると、
「50代・60代のオジサンたちの話が意味不明でワカラナイ」
ということです。

 

 皆様は、社内で世代間のコミュニケーションが上手くいかない、
年令差が開いている相手とのコミュニケーションが面倒くさい、と
感じることはありませんか?

 

 実際に、50〜60代と20代では、育った時代がまるで異なるのですか
ら、仕事観も感覚もまるで別物。

 

 特に、情報の取扱い方に関しては、中高年はアナログ世代なのに対し
て、20代は物心ついた頃からデジタルツールを使いこなす世代なので、
大幅に感覚がちがうのです。

 

 この世代の違いゆえに、社内のコミュニケーションがうまく行きづら
いのは、ある意味で当然かもしれません。

 

 そうはいっても、大事な情報が伝わらない、意思疎通できないのでは
仕事になりません。

 

 では、世代間コミュニケーションをうまく進めるには、どうすれば
いいでしょうか?

 

 

 そんなお悩みに対する解決策を紹介する記事が、明日(10月26日)
発売の新聞「日経MJ(日経流通新聞)」で大きなスペースを割いて
掲載されることになりました。

 

 その記事を書いたのは、もちろん私・門田由貴子です。

 

「日経MJ」は、若手ビジネスパーソンを対象にした実用的な記事が
多く、読みやすいビジネス紙。
https://www.nikkei4946.com/syoukai/mj/

 

 日経新聞のメイン読者層が50代以降の中高年男性であるのに対して、
「日経MJ」は20〜40代向けなので、カラー刷りで若々しい印象が
あるメディアです。

 

 駅の売店(kiosk)やコンビニエンスストアでも購入できますので、
ぜひ、明日の朝は1部買って読んでみてください。

 

 この記事で紹介している方法は、世代間コミュニケーションをうまく
進めるための一つのコツであると同時に、社内でリーダーシップを取る
ためのコツでもあるんです。

 

 また、この記事で紹介したツールを使った方法は、11月26日(土)
に、思考筋(R)トレーニングの新プログラムとしてリリースいたします。

 

 社内で効果的にリーダーシップを取ろうとお考えの方には、絶対に
役に立つ実践的なメソッドをご紹介します。
 ご興味のある方は、今から11月26日(土)をスケジューリングして
おいてください。

1

 1月26日(土)のプログラムについては、次号のメルマガで詳しく
ご紹介させていただく予定です。

 

                        門田由貴子


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

プロフィール

門田 由貴子
◆本サイト管理人◆
門田由貴子(かどたゆきこ)
組織変革コンサルタント、
キャリアカウンセラー。
社会人向けセミナー主宰。
仕事の傍ら大学院(慶應SDM)で勉強中。
プロフィール

new entries

categories

株式会社エトス

あなたの天賦の才能・資質・魅力を開花させて、素晴らしい幸福と豊かさが受け取れるキャリアと人生、ビジネスの実現をサポートいたします。
エトス公式ホームページ
個別面談
講演・セミナー
書籍・教材
おすすめツール

Facebook & Twitter

facebook
twitter

門田由貴子著書

links

recommend

recommend

recommend

archives

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM