波乱の時代を乗り切るのに必要な力

 皆様、新年あけましておめでとうございます。
ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

 この年末年始は、9連休になった方も多いようですね。
皆様は、どのような新年を迎えられましたでしょうか?

 
 年末年始によくある、2008年を総括するテレビ番組を見ているうちに、
共通して気になるテーマがありました。
 それが、「リスクテイク」です。


 例えば、昨年かなり話題になった「毒入り餃子」の問題。

 その後、多くの家庭で、高額でも信頼できる国内産を買うか、危険を
覚悟しながらも安い海外製品を買うか、議論になったようです。
 
 

 例えば、「派遣切り」の問題。

 多くのマスメディアの論調は、派遣契約を打ち切られた可哀相な人々
と、無慈悲で冷酷な経営者、という対比をしているようです。

 しかし、元々「派遣」という労働形態は、そういうものだったはず。
 企業の繁忙時に、正社員だけでは対応できない仕事を、臨時に一時的
に派遣契約の人に任せるもの。
 それなら、生産量減少に応じて、契約終了となって然るべき。
 働く人も、それは初めから承知しているはず。

 その雇用不安というリスクの代わりに、一つの企業に拘束されない
気楽さや、流動性などのメリットを手に入れていたはずです。

 メリットだけ歓迎して、リスクを忌避して、問題があれば責任を
政府や企業だけに押し付けるのは、フェアとは言えないでしょう。


幸福と成功のために、最も重要な能力は?

 皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

 私は、週に1度は必ず、書店で本を物色していますが、平積みになっ
ている本のタイトルを見て歩くだけでも、トレンドがわかりますね。

 ここ数年は、お勉強ブームというか、スキルアップを煽る傾向が強く、
タイトルに「○○力」と名うったものが目立ちます。

 私も人材育成の仕事をしているせいか、能力開発系のタイトルを見つ
けると、「仕事柄」という理由で、ついつい手にとってしまいます。

 さっと見ただけでも、「表現力」「行動力」「実行力」「継続力」
「思考力」「質問力」「企画力」「交渉力」・・・。
果ては「上司力」や「人間力」まで。

 ビジネスマンも学生も、我も我もと自己開発をして、能力を高める
ために必死なのでしょうか?

 たしかに、お付き合いさせていただいている一流企業のエリート達は、
寝る間も惜しんで勉強に励んでいます。
 その努力が、彼らの人生を引き上げ、会社の業績も牽引しているのだ
ということが、よくわかります。



 その反面、一方では違うデータもあります。

 ある調査機関によると、一般家庭の1ヶ月あたりの図書購入費は、
平均で500円未満だとか。

 私のような本好き人間からすると、「1ヶ月に500円未満」なんて
考えられない数字です。
 雑誌1冊買ったら、もう他には何も買えないんですよ。

 しかし、最近の著しい活字離れを考えてみれば、納得できる数字かも
しれませんね。

 単発の研修で訪問した企業では、管理職の方々から、ビックリする
ような話が次々に出てきました。

「新聞は読まない。インターネットで充分」
「雑誌は、コンビニで立ち読みするだけ。自分では買わない」
「社会人になってから、本は買ったことがない」
「ほしい情報は、大抵はインターネットで無料で手に入る」

 たいてい、こういう話が主流の会社は、業績が著しく落ちているか、
社内が沈滞ムードに浸かっているんですが・・・。

 そもそも。無料でインターネット上に流れている情報に、どれだけの
価値があるというのでしょうか?

 この辺を考えることなく、無料の情報に踊らされている人々を見る
たびに、日本の将来が、そして、その企業の翌年の業績が、心配されて
しまいます。
(大きなお世話なんですが)

夢が叶えられる、幸せな人に見られる「兆候」

 皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。
  
 先日、私自身が毎月1〜2回のペースで、セミナーを開催し続けてい
る理由は何か?と、じっくりと自分を見つめなおしてみました。

 答えは・・・。

 人が、不幸や不運という古い服を脱ぎ捨てて、幸福や豊かさ、自信と
いう新しい服に着替える瞬間を見たいから。

 決して、更衣室を覗き見するわけではありません。

 わずかな時間の中で、人の心が、思考が、価値観が、オーラが、表情
が、私の見ている目の前で徐々に変わっていく。
 その姿を見られることは、私にとって、何よりの感動で、喜びです。

 例えるなら。

 芋虫がサナギになり、そして、サナギが、厚くて堅い殻を中から打ち
破って、美しく力強い蝶々に変身して行く様子に近いでしょうか?


 セミナーにご参加くださるお客様にも、様々なタイプの方がいらっ
しゃいます。

 優良企業の経営者。
 マスメディアにも登場している有名な専門家。
 一部上場企業のエリート管理職。
 モデルのように美しいOLさん。

 そういう輝かしい外見とは裏腹に、よく見ると、「あれ?」と感じる
ことがあります。

 背中に、しっかりと貧乏神がしがみついている方。
 ぶ厚いメンタルブロックが、すべての幸運をはね返している方。
 心のスイッチが(−)に入っていて、何もかも上手くいかない方。
 過去の悲しみの水溜りの中に、今もずっぽりと浸かっている方。
 本当の自分をどこかに置き忘れてしまい、空っぽになっている方。
 ご自身の心を、鋼鉄の檻の中に押し込めてしまっている方。

 ときどき、こういう方々をお見受けします。
  (ご本人に、そうとは言いませんが) 

 こういうタイプの方にお目にかかった瞬間に、
「あ〜、今の状況を変えて、幸せになるために、来られたんだ」と、
直感的にひらめくことがあります。

 そういう方が、変わる瞬間を見られることは、この上もない喜びです。

 その人が、夢が叶えられる、幸せな人に変わったことを示す「兆候」
があるんです。
 いわば、サナギが、堅い殻を破って、美しい模様の羽が見える瞬間。
 
 それは、まるで後光が差したかのように、きらめく光が感じられる
瞬間でもあります。

結局のところ、結論は【2つ】しかない

 皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。


 最近、お目に掛かる方々から、こんなご質問を頂きます。

「どうして成功できたのですか?」
「成功要因は何だと思いますか?」

 正直に申し上げて、私は自分自身を「成功者」だなんて、そんな風に
は決して思っていません。
 「理想の私」と比べたら、「今の私」なんて、マダマダです。

 とはいえ、会社員時代に、自分の生き方について目標に掲げた事は、
お陰さまで、ほとんどその通りになり、幸せに生きております。

 現時点までに、いずれも達成できたという点では、一応、多くの方が
お考えの「成功」に近いイメージのようです。

   ***

 さて、冒頭のご質問に戻りましょう。
 「どうして成功できたのですか?」
 「成功要因は何だと思いますか?」

 この質問が、多くの方から寄せられるということは、逆に考えると、
「多くの人は成功できない」という意味のようです。

 そういう視点で、周囲の人々を見渡してみると、たしかに、ある1つ
の【違い】があるようです。

実現しやすい目標、実現できない目標の違いは?

 皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

新年といえば、恒例行事として、新年の抱負を語り、書初めをして、
新しい手帳に今年の目標を書き込むものですね。

 皆さんは、今年の目標を既に設定されましたでしょうか?
 
 目標は、「ただ書けばいい」というものではありません。
 良い目標と悪い目標があります。
 そして、その目標を確実に実現させるための方法があるんです。


 さて、このたび、WEBマガジン「日経BPnet」に、巧い目標設定の
方法について、6ページにわたって門田のインタビュー記事が掲載され
ました。

 内容は、1.目標が達成できない人の5つの理由
     2.目標の良しあしをセルフチェック
     3.良い目標のポイントは「PACE」で分かる
     4.目標設定後の意識と行動
     5.目標設定のサポートグッズ

 「日経BPnet」は、登録さえすれば、誰でも無料で講読できる、
ビジネス情報満載のWEBマガジンです。

あなたの天賦の才能・資質をご存知ですか?

皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

 突然ですが、あなたは、ご自身がどのような才能をもって生まれてきたのか、同時に、どのような弱みを抱えているのか、ご存知ですか?

 ある程度の年齢になれば、自分の経験や、友人・同僚・上司などからの指摘によって、徐々に、そして自然に理解してくるものでしょう。
 
 しかし、不幸なことに、「自分のことだからこそ、よくわからない」のも真実だと思います。 

 中には、架空の理想像を自分自身と錯覚してしまい、その錯覚ゆえに、事業で失敗したり、人間関係で破綻してしまう人もあるほどです。

 自分を見つめて、自分自身を深く知ることは、ツライ面もありますが、知れば知るほど、自信をもって前向きに進めるようになるものです。

 私自身もその一人です。

スケジューリング能力がバレる夏休み

皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。
 世間はもう、すっかり夏休みムードですね。

 弊社の日吉オフィス周辺でも、学生が少なくなって、少し静かになっ
た代わりに、どこの喫茶店でも、朝から晩まで、まったりムードが漂っ
ています。
 
 「夏休み」と聞くと、皆様は、何を連想されますか?

 海水浴、プール、軽井沢高原、キャンプファイヤー、かき氷・・・。

 そして、若干の恐怖と共に、「宿題」なんてものも思い出されるのは
私だけでしょうか?

 
 小学生の頃の夏休みの宿題の進め方は、それこそ千差万別でしたね。
ちなみに、あなたは、次のA〜Eのどのタイプでしたか?

知的成長を加速する最善の方法は●●にあり

 皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

 前回の号では、「怠け者にもオススメのINPUT術とOUTPUT法」をご紹
介いたしましたが、そのOUTPUT法の中に、重要な1点があったのを覚え
ていらっしゃるでしょうか?

 理解した「情報」や、新しく身に付けた「知識」は、単なる一般論か
もしれません。あるいは、本の著者や講演者の個人的な見解かもしれま
せん。
 つまり、そのままの形では、「あなた」にとって、本当に役に立つも
のにはなっていないことが多いのです。

 ですから、「あなた自身は、何をするか?」を明確に引き出すことが
大事なのです。



あなたにとって、「はたらく」目的は?

 皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

 「組織変革」や「組織風土改革」を目的にコンサルティングプロジェ
クトが始まって佳境に入った頃に、よく検討テーマに取り上げる話題が
あります。

 それが、だいたい以下の項目です。


理想の人生を創る!ワークショップ開催

皆様こんにちは、ブルーミング・カウンセラーの門田由貴子です。

 ・あなたは、これから先、何を実行し、成し遂げたいですか?
 ・あなたは、これから、何を保有・所有したいですか?
 ・あなたは、将来、どんな人になりたいでしょうか?


 これは、いわゆる「Do, Have, Be」という質問で、人生設計やキャリ
アプランニングを行うときの定石です。

 この質問をお読みになっただけで、おそらく、いくつかの項目はすぐ
に頭の中に思い浮かぶことでしょう。

 例えば・・・。
続きを読む >>

| 1/2PAGES | >>

プロフィール

門田 由貴子
◆本サイト管理人◆
門田由貴子(かどたゆきこ)
組織変革コンサルタント、
キャリアカウンセラー。
社会人向けセミナー主宰。
仕事の傍ら大学院(慶應SDM)で勉強中。
プロフィール

new entries

categories

株式会社エトス

あなたの天賦の才能・資質・魅力を開花させて、素晴らしい幸福と豊かさが受け取れるキャリアと人生、ビジネスの実現をサポートいたします。
エトス公式ホームページ
個別面談
講演・セミナー
書籍・教材
おすすめツール

Facebook & Twitter

facebook
twitter

門田由貴子著書

links

recommend

recommend

recommend

archives

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM