緊急開催・多くの成果を生み出す時間管理の方法

 はい、圧倒的な差が開く理由の一つが、時間管理です。

 

 なぜなら、能力程度が同じ人が二人いたら、成果の違いを生む第一の要因は行動量です。

 

 しかし、ここに盲点が。
 多くの行動をしようと思うなら、当然のように、その行動をするための時間を確保できるかどうかが問題となります。

 

 成果を出せない人、行動しない人にその理由を聞いてみると、まちがいなくこう言います。
「いや〜、ここ最近忙しくって…」
「残業が多くて、時間がとれなくって…」
「わかってはいるんですけどね。時間がないんですよ…」

 

 では、短期間のうちに多くの成果を生み出す人は、おヒマなのかといえば、決してそうではありません。

 実際に詳細を聞いてみると、多くの成果を生み出す人ほど、忙しいんです。

 

 つまり。ここが一番大事なことですよ!

 

 忙しい人ほど、時間のやりくりが上手い。
 忙しい人ほど、行動すべき時間を創っている。
 忙しい人ほど、行動量が多い。
 忙しい人ほど、多くの成果を出す。

 

 では、忙しいのに多く成果を生み出す人は、どうやってその時間を捻出しているのでしょうか?

 

 睡眠時間を削るわけではありません。
 そんなことすれば、集中力と生産性がガタ落ちですからね。

 

 たくさんの人を観察してわかってきたのが、時間管理の違い。

 

 私自身も、2つの会社の経営、複数のクライアント企業のためのコンサルタント業務、大学院での勉強と研究活動、数多くの趣味、さらに最近は英語の勉強まで始めています。

 

 どうやって、こんなに複数の仕事を同時並行で進めるのか?

 


プレゼンテーションはお得意ですか?

 門田由貴子です。

 

 社長・幹部・管理職の方は、何かとプレゼンテーションする機会が多いのではないでしょうか?

 

 プレゼンテーションは、メールや文書配布よりも、はるかに効果的な伝達方法であり、聞き手の心を掴むのに有効な方法です。

 

 ところが、プレゼンの下手な人がやると、これがもう逆効果。

 

 ある企業では、社長のプレゼンがほとんど「お経」のようで、一体全体、何を言っているのか、さっぱり分からない。
 聞いている従業員一同は、熟睡していました。
 時間のムダ以外の何物でもありませんね。

 

 ある企業では、社長のプレゼン内容が、部下に対する愚痴や不満のオンパレード。
 まじめに聞いているとアホらしい。ストレスが溜まる。
 もちろん、その社長に対して怒りを感じる従業員は多い。
 社長が何か話すたびに、社内の雰囲気が壊れていくわけです。

 

 いずれの社長さんも、ご本人はまじめに、「良かれと思って」しているプレゼンですが、実態は「百害あって一利なし」の状況。

 

 コンサルティング契約をしている場合は、事前に社長のプレゼンのシナリオづくり、スライド作成、話し方指導までアドバイスすることがあります。
(もちろん、それを望まない社長もいますけどね)

 

 『伝え方が9割』という本がベストセラーになりましたが、裏を返せば、伝え方が下手で困っている人がそれだけ多いから、といえるでしょう。

 


うまく行っている人の最大の特徴とは?

 門田由貴子です。
 多くの会社では、3月は1年の総決算ですね。
 私も、会社の決算や、個人の活動の再計画など、たいそう忙しい時期を過ごしておりました。

 

 今回は、特に、経営者や幹部、管理職など、リーダー的な立場に要る方にとって、とても重要な情報をお伝えいたしましょう。

 

 今回の重要なメッセージは、
「物事がうまく行く人は、自分自身のことを多面的に客観的に理解している」ということ。

 

 こう書かれているのを目にすると、多くの人は思うでしょう。
「大人なんだから、自分のことぐらい分かっているよ」と。

 

 それが、ぜんぜん違うんですよ…。(笑)

 

 成功者と普通の人の違いのポイントは、2つあります。

 

 第一に、自分を【多面的に】理解している。
 第二に、自分のことを【客観的に】理解している。

 

 誰だって、自分のことをある程度は知っています。
 でも、それは自分自身の「ごく一面だけ」であり、「主観的に」自分のことを思っているだけ。

 

 少し大きな仕事をするときや、自分以外の人を巻き込んでチームで活動するときに、この2つがものすごく大きな違いになります。

 

 自己理解・自己認識の出来ていない人ほど、人間関係で問題や対立を引き起こし、結局、プロジェクトの効果が出せないんです。

 

 反対に、自己理解・自己認識が深い人は、周囲の人とスムーズに仕事をすすめていき、大きな成果を出していきます。

 

 だから、自己理解はムチャクチャ重要。

 

 では、どうやって、自分自身を【多面的に】【客観的に】理解することができるでしょうか?

 


2018年、運命の女神がほほ笑むのは誰?

 あけましておめでとうございます、門田由貴子です。

 

 今年の年末年始は、どのようにお過ごしになっていますか?

 

 私は例年通り、12月から順次、「2018年はどうなるか?」に関して、約10種類の予測情報に目を通していました。

 

 それは、東洋占星術、西洋占星術、ビジネス予測、歴史的観測、地政学、ファイナンシャル情報など、様々な分野のグルと呼ばれている人たちによる予測です。

 

 不思議なことに、まったくジャンルが違うにもかかわらず、とどのつまり「2018年に何が起こるか?」「2018年はどういう年になるか?」という結論部分では、いくつもの予測が重複します。

 

 そういう筋の情報は、私にとってかなり重要な「参考情報」と考えます。
 これが、毎年終わりになると、かなりの確度でその通りになっているんですね。

 

 で、2018年はどうなるか?

 

 はい、結論を先に申し上げましょう。
「今まで着実な準備を重ねてきた人にとっては、それが現実となり、成果を生み出す最高の1年となる」ようです。

 

 この2行を目にした人たちの感想は、ざっくりと2つのタイプに分かれることでしょう。

 

(1)えぇぇ〜、残念すぎる〜!という落胆派
(2)よっしゃぁ〜!と気合が入る楽観派

 

 あなたは、どちらでしたか?

 

 


あなたの世界から嫌いな人がいなくなる?!

 こんにちは、門田由貴子です。

 

 社会人のストレスの9割が、人間関係に起因するといわれて久しいですね。
 あなたの周りに、「いなくなったら、どんなに楽か」と思うようなイヤな人、嫌いな人はいませんか?
 その人のせいで、どれだけの心労を抱えていることか…。

 

 はい、わかります。
 私もそういう思いをしたことがありますから。

 

 そうはいっても、まさか、その人を呪い殺すわけにもいきません。
 「消えろ!」と言ってみても、消しゴムでも消せません。

 

 しかし、とっておきの「魔法」があるんです。
 「魔法」だなんて、信じられますか?

 

 私が会社員だった頃、この「魔法」を使ってみたところ…。

 

 定期異動でもない時期に、大嫌いな上司が左遷されていきました。
 (やっほー!)

 

 つい数年前も、仕事の関係者で、ものすご〜くイヤな性格の人がいたのですが、この「魔法」を使ったら、二度と会うことがなくなりました。

 


短時間で多くの成果を生み出す時間管理術

 こんにちは、門田由貴子です。

 

 ここ最近は、集中的に個人セッションが続いておりました。

 

 今月から「薔薇色仕事塾」と「天命IDEA塾」の2つを開講しますので、入塾された方全員に初回の面談をして、お一人おひとりの状況やニーズ、抱えている課題などを把握する必要があったのです。

 

 そのうえ、平常通りに、個人セッションのお申し込みも入って来ます。
 もう、「いかに効率よく時間を使うか?」が当面の私の課題です。

 

 時間の話をすると、よく皆さんから言われます。
「2つの会社経営、コンサルタントとしての仕事、メディア記事の執筆、大学院での研究、個人的な趣味…。
 いろいろなことを同時にしていて、どうやって時間管理をしているんですか?」と。

 

 確かに、一般的な人たちと比べると、多種多様な活動を同時並行している気がします。

 

 とはいえ、疲れ果ててダウンすることもありません。
 まじめに仕事だけしているだけではなく、かなり楽しんでいます。

 

 それをどう実現しているのか?

 

 はい、実は、【とっておきの秘密】がありましてね…。

 

 それを、すべて紹介いたしましょう。

 


チャンスを勘違いしていませんか?

 こんにちは、門田由貴子です。

 

 ごく最近に、ある人と話をしていて「あれれ?」と違和感を感じたのは、この一言。

 

「とっても興味があるんですけど、
 ちゃんと出来るか、ちゃんとついていけるかどうか不安で…」

 

 何か、とてつもなく興味関心をひかれるものがある。
 それに申し込みたい!という気持ちは強い。

 

 なのに、前進することを拒み、後ろに引き戻そうとする感情がある。
 それが、「ちゃんと出来るかどうか自信がない」
 「ついていけるかどうか不安」というもの。

 

 いずれも、ハッキリ言えば、無用な心配ですね。
 もっとハッキリ言えば、そんなことを気にするなんて、アホちゃうかね? と言いたい。

 

 そもそも、「ちゃんとできるか?」って、誰から裁かれることを想定しているんでしょうか?
 赤の他人から、あなたがどう思われようと、そんなの、
「あなたという人間の価値」には少しも関係ないことですよ。

 

 「ついていけるかどうか不安」なんて余計なこと。
 そもそも、自分と他人を比較する発想がオカシイ。
 そして、他の人と同じ程度に自分ができないことを不安がるなんて、オカシイ。

 

 世界中の人には、すべて個性があるのです。
 実力の程度も、何がどの程度できるのかも全部、個性のうち。

 

 「他の人と、同じことを同じレベルにできなきゃいけない」
なんてことを規定している法律はありません。
 そんなことを強要する人こそオカシイ。

 


大変革はピンチか?チャンスか?

 こんにちは、門田由貴子です。

 

 あなたの人生で、大きな変化は何回ありましたか?
 それは、望ましい方向への変化でしたか?

 

 私もかれこれ数千年以上も生きておりますが…(ウソですよ)
 何度か人生における大変動を経験してきました。

 

 これからは、あらゆる職場にAIなど先端技術が入り込むし、
個人レベルでも「働き方」「生き方」「生活スタイル」が、大きく
変わっていくと予想されます。

 

 そんな大変革の時代では、ざっくり2つのタイプに人は分かれ
ます。

 

(1)変化をチャンスとして活かす人
(2)変化がピンチとなり、右往左往する人

 

 あなたは、このうちどちらのタイプになりそうでしょうか?

 

 一般的に考えれば、(1)はごくわずかな人だけ。
 圧倒的多数は(2)のタイプです。

 

 絶対に(1)変化をチャンスとして活かす人 になりたいなら、
一つ、大事なことをお伝えしておきましょう。

 

 それは、歴史の変換点を題材にした本を読めば歴然。

 

 人並外れた特殊な才能を持っている人は、乱世や混乱の時代は
まさにチャンス。
 突如として歴史の表舞台に飛び出て、すさまじい活躍をする人が
どのような時代にもいましたね。

 

 とはいえ、私を含めて、平凡な人たちには、そんなことはムリ。

 

 その代わり、平凡な普通の人でも、ピンチをチャンスに活かす
秘訣が3つあります。

 


本格的な能力開発プログラムを開始します!

 こんにちは、門田由貴子です
 学びの秋のシーズン到来ですね。

 

 私がここ数年間で、最も注力してきたテーマの一つが、「能力開発」
です。
 たとえば、こんなプロジェクトを担当してきました。

 

・短期間で、経営幹部チームの意思決定能力を劇的に高める。
・新規事業開発に向けて、プロジェクトメンバーの戦略思考力を高める。
・病んだ組織で、リーダー/マネージャー達の部下指導力を高める。

 

 いずれも、3か月から半年、長くても1年間と限られた期間の中で、
対象メンバーのボトルネックとなっている能力要素をカバーしつつ、
プロジェクト全体の効果に最も寄与する能力要素を高めていく。
 そういう仕事です。

 

 いくつものプロジェクトを担当するうちに、短期間で人の能力を
飛躍的に向上させるコツが見えてきました。

 

 私の最も得意領域が、「能力開発」と自信をもって言えるかもしれません。

 

 この成果を活かして、新しいプログラムをスタートいたします。

 

 それが、「薔薇色仕事塾」と「天命IDEA塾」の2つ。

 

 いずれも、【個人】の方を対象とした、短期間集中型の能力開発
プログラムです。
 どなたでもご参加いただけます。

 


●薔薇色仕事塾(ばらいろ・しごと・塾)

 

 仕事力を高めてスター社員を目指しましょう。
 6か月間で、「いい人」から「デキる人」に変身!

 

 ・対象者は、会社員、組織内で働く人。
 ・「デキる人」として高く評価されるための能力開発をしていきます。
 ・昇格やステップアップ転職を狙う方には、特におすすめです。

 

 ・スキルセットの習得に伴い、自信がつきます。
 ・自己アピール力が高まるので、存在感と影響力が高まります。

 


●天命IDEA塾(てんめい・いでぃあ・塾)

 

 もう迷わない。
 天命で成功するすべてを、あなたにインストールします!
 <12か月コース>

 

  ※IDEAとは、ギリシア哲学でいう「生涯をかけて目指す理想像」

 

 ・対象者は、セカンドキャリアを考える40代以上の会社員、
  起業を予定している方、既に自営・フリーランスで独立した方。
 ・天命を知り、天職を実現したいと考える人。
 ・生涯現役で、組織に雇われずに働き、稼ぎ続けたいと考える人。

 

 ・自己認識を深めて、天職を発見します。
 ・年収1,000万円超が可能な、売れる商品とビジネスモデルを設計。
 ・生涯現役で働ける自信と安心感を手に入れてください。

 


能力開発の王道とは?

 こんにちは、門田由貴子です

 

 前号で、「最もリターン(回収利益)の大きい投資は能力開発で
ある」というお話をお届けしました。

 

 能力開発の話をすると、時々、こういう反論が来るんですよね…。

 

「私はもう●●歳だから、もう成長なんてムリでしょ?」
「私はもう充分。いまさら…。それより部下を育成しないと…」

 

 ちょっと待ってください。
 いま私たちが生きているのは、人生100年時代なんですよ!

 

 人間は、100歳になってもなお、訓練次第でいくらでも成長できる
んです。
 それなのに、年齢をイイワケにするなんて…。

 

 例えば、60歳で定年退職しても、まだまだ残りの人生が40年も
あるんです。
 その40年もの間、無収入でどうやって生きていきますか?

 

 え? 年金があるから大丈夫って?

 

 あのですねぇ。
 日本国の年金制度は、もうとっくの昔に破綻しています。
 私たち現役世代が高齢者になる頃には、子供のお小遣いほどしか
もらえないんですよ。

 

 政府がいう「一億総活躍」というのは、たとえ100歳になっても、
現役でしっかり働き、稼いで、年金を収めてくれ!っていう意味な
んですよ。

 その理由は単純明快。
 国には、国民を養うだけの財源がないから。

 

 残念ながら、日本の産業界を見渡すと、既に内部崩壊している
企業のなんと多いことか…!
 これから、雇用は縮小し、大量倒産、大量リストラが起こること
でしょう。

 

 だから私たちは、いつリストラされても、定年退職しても、自分
で生涯現役で働き、稼いでいく必要があるわけです。

 

 そこで問題になるのが、能力。

 

続きを読む >>

| 1/51PAGES | >>

プロフィール

門田 由貴子
◆本サイト管理人◆
門田由貴子(かどたゆきこ)
組織変革コンサルタント、
キャリアカウンセラー。
社会人向けセミナー主宰。
仕事の傍ら大学院(慶應SDM)で勉強中。
プロフィール

new entries

categories

株式会社エトス

あなたの天賦の才能・資質・魅力を開花させて、素晴らしい幸福と豊かさが受け取れるキャリアと人生、ビジネスの実現をサポートいたします。
エトス公式ホームページ
個別面談
講演・セミナー
書籍・教材
おすすめツール

Facebook & Twitter

facebook
twitter

門田由貴子著書

links

recommend

recommend

recommend

archives

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM